横須賀市の公園情報サイト

太田和つつじの丘の歴史探索

1.公園の沿革と概要
◇昭和59年(1984)に大楠山南麓に広がる緑地を整備し、昭和63年(1988)4月1日に開園した都市緑地公園です。
◇平成16年(2004)太田和緑地から「太田和つつじの丘」に名称が変更されました。
◇公園には、平戸ツツジや久留米ツツジ、霧島ツツジ、山ツツジなど5万本が植栽され、毎年つつじの咲く4月下旬~5月初旬の季節には「つつじフェスタ」を開催し多数の来園者で賑わいます。(近隣では武山つつじ祭り、湘南国際村フェステイバル「つつじ20xx」などが同時期に開催されています。)
◇施設は、簡易プレハブ造りの管理事務所、つつじ園(標高94.3m)、休憩広場、あずまや(定員32名)、屋外トイレ、水飲み場 無料駐車場34台などがあります。
◇平成30年度の『太田和つつじフェスタ』の開催実績は次のとおりでした。
    開催期間  平成30年4月21日~4月30日までの10日間
    来園者数  6,049人(1日当たり約600人)
          ※H29年度は9日間で8,026人、1日当たり約890人
    臨時駐車場 100台確保(土日祝日のみ)
    出店販売  堆肥 花・つつじ苗 野菜 和菓子など
    イベント   なつかしのおもちゃレンタル「竹馬・竹ポックリ・輪投げ等」

20170720132004.jpg  20170720132029.jpg

2.公園の年表
 
太田和つつじの丘の年表(こちらをクリックください)

ページの上に戻る